About Guest houseマンゴーハウス ゲストハウスについて

大切にしていることは旅人一人一人を優しく迎え入れ、
要望に精一杯応える“ホスピタリティマインド”です。

ネゴンボ郊外のマンゴーハウス・ジャパニーズゲストハウス

オーナー夫妻好みのセカンドハウスづくりからスタート。
朝は小鳥の囀りにリスの挨拶、夜は蛍が舞う自然の豊かさ造り。
居心地のよさに友人知人が次々、またその紹介が・・・・。

清潔感溢れ細かな心遣いは日本人旅行者に評判に。
コテージは一棟ずつ増え、個性豊かなMy宿となりました。

マンゴーハウス 7つのメリット

1.近さ
玄関と空港は20分(12km)。
旅の到着・出発は何より時間や体が楽。
2.広々
2千坪の庭園敷地は、手入れが行き届き
心も体もトロピカルさと解放感がいっぱい。
3.少人数
広い緑の庭に1~3人のコテージが8棟。
ゲストはMax15名の贅沢さ。
4.安心
支配人は流暢な日本語で敷地内に住まい
セキュリティは24時間の防犯カメラと大型番犬。
5.美味しい
アンマー(母さん)の料理教室は日本語で
マンツーマン自慢の家庭料理予約もOK。
6.お値打感
オーナーの旅体験と支配人の優しさ
オリジナリティに
溢れる宿です。
7.貸し切りも
11名以上のグループは
マンゴーハウス貸し切りも出来ます。

アレンジ旅行もOK
~旅のスタイルは3段階から選べ、費用も圧縮できます~

1.全てお任せ型

あなたのみの運転手付専用車+専属日本語ガイド添乗のフルセット。
※身一つでOK、全て込み。

2.節約型

食事・見学入場は現地でガイドと相談。あなたの判断でどうするかを選べる。
※全て込みでなく、食事・見学入場パスをあなたが現地で判断、必要な分のみ払う。

3.プチ冒険型

専用車でルート・ホテルの足・宿つきだが、日本語ガイドなし。全て自分で判断。
※運転手は多少英語を話すが、あなたが全て判断。旅慣れには喜ばれる。
(カウンダとは携帯OK、どうしてもの時は相談の安心感)

Gallery
マンゴーハウス

スリランカの美味しい家庭料理

スリランカは北海道か九州+四国ほどの島国。古来より食材は新鮮な海の幸です。
カウンダは網元の育ち。アンマー(お母さん)は浜で長年腕を磨いて来た、評判の賄い料理人。
食材へのこだわりや味をしっかり受け継いで来ました。

お勧めは、“アンマーの家庭料理教室”日本語・一組マンツーマンスタイルです。
オリジナル料理10品の日本語レシピカードも販売。帰国後トライしてください。
浜市場でその日の魚を選ぶ予約制の昼や夕食も宜しいでしょう。

モーニング・セイロンティー

ティータイムは朝7時頃。
(日本は10時半、前日遅く着いても大丈夫)

涼しげな民族衣装のカウンダ支配人がコテージへ入れたてのティーを運び、高所からTV相棒と同じ様にカップに泡を立てヤーラティーを注ぎます。
(ヤーラは古い長さの単位で大人が両手を延ばし約1ヤーラ)

庭に朝日が差し込み、やがて椰子や緑の芝・花々を浮き立たせます。
頬を膨らませたリスが果実の熟れ具合チェックに忙しく小枝を走り廻り、小鳥たちのステレオの囀りに包まれ、ベランダでゆったりと一杯の紅茶を戴く。

スタンプラリーの様に忙しく駆け巡るツアーでは決して味わえない至福の一時。
「マンゴーハウス朝のベランダでの紅茶が一番の思い出。」のお便りも頷けます。

マンゴーハウス

  ジャパニーズゲストハウス ご予約について

ネゴンボ市に位置する
マンゴーハウス ジャパニーズ ゲストハウスは、
日本人旅行者に大変人気をいただいております。

林旅製作所

ページトップへ